選ばれる理由

当ページをご覧になっている経営者・人事担当者の皆さまは次のようにお感じになったことはないでしょうか?

  • 税理士に加えて社労士契約に毎月何万円も払うのはハードルが高い
  • 入退社があまりなく社会保険手続きが少ないから、従業員数ではなく実際の業務量に応じた料金にしてほしい
  • 顧問契約はどこまでの業務が料金に含まれるのか曖昧に感じる

エクセライク社会保険労務士法人は上記全てを解決いたします。

選ばれる理由【1】格安の月額顧問料!

エクセライク社会保険労務士法人では、月額顧問料をオンライン相談業務に特化して一律5,000円(税別)としています。

税理士の場合、法人は決算・個人事業主は確定申告があり、必要性・緊急性が高いです。
一方、労働・社会保険を扱う社労士はどうしても後回しにされがちで、「社会保険労務士との契約も検討したいけど、料金がネックになっている」という企業様・個人経営者様も多いと思います。

当法人はそんな方にも非常に利用しやすい月額5,000円という格安顧問料を設定しています。

もちろん相談業務が発生しなくても5,000円は月額固定でいただきますが「当法人からお客様への情報提供」「何かあればすぐに相談が可能な関係構築」等を考慮すると、決して高い金額とは考えていません。

「格安=業務は適当ということでしょ?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、当法人は“5,000円で対応する業務範囲をオンライン相談に絞っているから”安いのです。

ですから、作業工数がかかる業務については別料金としています。(社会保険手続き、就業規則、雇用助成金、訪問や対面による相談、等)

「なんだ、結局は別料金を取るのか」と思われるかもしれませんが、それが選ばれる理由【2】につながります。

選ばれる理由【2】手続き代行料金などは従量課金制!

多くの社会保険労務士事務所は顧問料の中に手続き代行業務を含むことが一般的です。

しかし実は社会保険手続き業務において、毎月必ず行わなけなればならない業務はありません。社会保険手続きは原則として入退社や産休育休に伴う都度発生となります。

たしかに従業員数が多くなればそれだけ人の異動が発生する可能性は高くなりますが、それも企業風土により大きく異なります。

そして多くの場合、手続き依頼がなくても顧問料が下がることはありません。

エクセライク社会保険労務士法人では発生するかどうか分からない手続き料金は月額には含まず、ご依頼いただいた件数に応じた従量課金制を採用することにより、依頼数と報酬額が比例した料金となっています。

選ばれる理由【3】シンプルな料金体系

エクセライク社会保険労務士法人の料金は「月額5,000円+従量課金」のシンプル料金体系です。個別に詳細ヒアリングをした上で料金をお見積りするということはありません。

給与計算業務に限り各社ごとのプロセスや事情が全く異なるため、個別お見積りとさせていただきます。

お問い合わせ

顧問契約やスポット業務のご依頼または検討中のご相談セミナー・講演・執筆のご依頼または検討中のご相談